葉も色付いて・・やっとタルトタタンを

この1週間は、最高気温が15度前後の肌寒い日が続きましたが、今日は最高気温20度。曇
少し、草取りなどできました。
f0356717_21422283.jpg
まだ、咲き続けているエキナセア。
奥の方で、切戻しが浅かったサルビアカラドンナがヒョロヒョロくねりながら咲き出しています。

f0356717_21520429.jpg
左上から時計回りに、毎年いつの間にか咲き出す小さな鉢植えの大文字草。
きれいに色づいてきたヒューケラ。西洋ナンテンも紅葉?してきて。
今頃咲いているホスタの花。



f0356717_21545580.jpg

注文していた紅玉がやっと届いて。
スーパーでなかなか見かけない年もあるので、ネットで注文しましたが、今年はあちこちのお店で見つけ(^^;
バターと砂糖をまぶし煮込み。シナモンとラム酒も投入。息子がキャンプで使っているスキレットを借りて、そこに移しパイ皮を乗せて電気オーブン250度で15分。

f0356717_21590750.jpg
少し冷めたらひっくり返して・・この酸味と甘みのバランスは紅玉ならでは♪ 
熱々をバニラアイスといただきます。(冷めたら、サワークリームも合う)・・頬が緩む・・
ある作家が、小さいけれど確かな幸せ感を「小確幸」と名付けていましたが、まさしく^^

この間にリンゴを煮た同じバーミキュラ鍋で肉じゃがをつくり、タッパーに詰めて、息子と実家に。
(バーミキュラ、無水鍋なので煮込みが早いんです)
今日の両親の買い物は、重いものが多い予定なので息子は荷物運び要員。
こういう時は、息子が同居していて良かったと思います(笑


f0356717_22081467.jpg
こちらは、お気に入りの映画をまた見つけた「小確幸」
レンタルDVDだと、気に入ったシーンを何度でも見れるのが便利。
「木洩れ日の家で」のドロタ・ケンジェジャスカ監督の2010年の作品。「明日の空の向こうに

旧ソ連に住む浮浪児3人が、少しでもいい暮らしを夢見て、試練を乗り越え隣のポーランドへと国境を抜けるが・・甘い現実はなく・・というお話。
けれども途中いろいろな人との出会いもあり、暗さよりほのぼの感が勝るかな。
一番小さな男の子、6歳のペチャが、もうすごく可愛くて。彼なりのなんとか生活の糧を得るための笑顔やおしゃべりでもあるのですが、無垢さが際立ち、見ているだけで幸せな気持ちに。子供たちが転げまわるポーランドの野原のシーンなど、映像もとてもきれいです。

大人が子供が主役の映画を好むのは、分別がつく前の姿に自分の原点を見たり、彼らの無垢なまなざしに希望を見出したりするするせいかもしれませんね。

上映中のやはり子供が主役のデンマーク映画、「きっといい日がまっている」も評判がいいので、見に行きたいなと思っています。

今日も見ていただいてありがとうございます。

[PR]
Commented by pikorin77jp at 2017-10-26 23:56
こちらの記事をゆっくり読ませていただいてるときに コメントいただきまして  とても嬉しく思いました。

ロシア映画って 本当に映像が美しいですよね。フィギュアスケート見ていても ロシアはとっても表現豊で美しい。みてみたいな、と思って読ませていただいていました。また 美味しそうなお菓子、、、 最近は紅玉リンゴ あまりみなくなりました。あっても本当に短い期間のような気がします。酸味があって お菓子やジャムにぴったりですよね。
ステキな記事 素晴らしい映画紹介してくださってありがとうございます。是非見て見たい映画です。
Commented by arujue at 2017-10-27 19:29
> pikorin77jpさん
こんばんは☆ ありがとうございます。
この映画はロシアの子たちを描いているんですけど、お隣のポーランドの映画です。(紛らわしいですね・・)
向こうの方たちは独特の情感がありますよね。機会があれば、是非ご覧くださいませ。ペチャ可愛いんです^^
紅玉・・出回る期間が短いですよね。めぐり合わない年があったりします・・
お菓子、褒めていただいてありがとうございます。
by arujue | 2017-10-21 22:27 | ガーデニング | Comments(2)

雪国の庭の記録(週末更新)


by SI
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30